八女茶で育てたはかた一番どり
ヘルシーで安心、福岡生産者の鳥肉ブランドです。
安心・安全・健康鶏!
〜より安全なエサを〜

はかた一番どりの餌は、はかた一番どり推進協議会が指定した飼料工場で製造しています。はかた一番どりの仕上用飼料のトウモロコシは、遺伝子組み換えをしない(Non-GMO)かつ収穫後に保存用農薬を使っていない(ポストハーベストフリー)安全性がより高いものに限定しています。さらに、お茶のビタミンEとカテキンが鶏の体調を整える効果を期待して、福岡特産の八女茶の粉を配合した、健康志向のこだわり飼料で育てています。
「仕上用飼料は6週間給与」
えさ
〜安全性にこだわり 無薬飼料は6週間〜

有薬飼料の給与は、最低限まで抑えています。
飼料の安全の確保及び品質の改善に関する法律(通称:飼料安全法)の規定では、出荷7日前まで使用できますが、はかた一番どりでは出荷までの6週間まで有薬飼料を使用しません。
(ヒナの体が弱い最初の3週間のみ有薬飼料を給与しています。)
無薬飼料期間の割合
〜健康な鶏を育てるために〜

お客様が「はかた一番どり」を美味しく食べて、健康になってもらうためには、まず健康な鶏を育てることが大切です。そのためには、鶏にストレスのない環境を提供して、厳重な衛生管理のもとで育てることが求められます。

はかた一番どりは、協議会吟味の上、指定された生産農家のもと労力をいたわず丹精込めて育てられています。
はかた一番どり-ささみ